サンタ・マリア・ラ・ブランカ礼拝堂

13世紀に作られ、トレドのムデハル式特徴を備えたシナゴーグで、15世紀まで礼拝が行われていましたが、15世紀にカトリック教会になりました。身廊は 平行5廊式で、天井は最も高いところから外に向かって急降下しており、八角形の柱の上の馬蹄形アーチがその下に広がっています。柱は全て白く塗られた煉瓦 製で、漆喰細工の独特な柱頭がついています。壁や部屋の至る所に、アンダルシアの影響を受けながらもそれよりはややモダンでカラフルな植物模様の浮彫装飾 が施されています。

16世紀は女子修道院になり、シリセオ枢機卿が建築家アロンソ・コバルビアスに礼拝堂建設の依頼をしました。礼拝堂は聖所に3室作られ、中央の礼拝堂は隅 迫持(せりもち)の上に半円形の丸天井が被せられ、他の2つは、穹隅(スキンチ)の上に4つの球体が被せられています。16世紀は女子修道院になり、シリ セオ枢機卿が建築家アロンソ・コバルビアスに礼拝堂建設の依頼をしました。礼拝堂は聖所に3室作られ、中央の礼拝堂は隅迫持(せりもち)の上に半円形の丸 天井が被せられ、他の2つは、穹隅(スキンチ)の上に4つの球体が被せられています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES