アルカンタラ橋

ローマ時代に起源を持つこの橋は、損傷が激しかったため、10世紀に再建されましたが、3つあるアーチのうち旧市街寄りのアーチは馬蹄形アーチの通路に縮小されました。

アルフォンソ10世の治世に形が崩れ、再び修復されました。この時期は西塔が増築され、カトリック両王の時代には、戦闘に備えて武器が壁を飾りました。グラナダの果実の彫刻が欠けているのは、国土回復運動がこの時まだ完了していなかったためです。

アルフォンソ10世の治世に形が崩れ、再び修復されました。この時期は西塔が増築され、カトリック両王の時代には、戦闘に備えて武器が壁を飾りました。グラナダの果実の彫刻が欠けているのは、国土回復運動がこの時まだ完了していなかったためです。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES