サント・トメ教会

エル・グレコの名画「オルガス伯爵の埋葬」があることで、トレドの教会の中で最も訪問者の多い教区教会。この絵は、同伯爵の墓のそばに架けられています。

元は、イスラム教のモスクだったこの教会は、アルフォンソ6世がこの町を陥落した後、テンプル教団によって建てられ、14世紀にはゴンサロ・ルイス・デ・トレド氏(後のオルガス伯爵)によって修復されました。とはいえ、西ゴート時代の柱頭も残されており、その頃から教会だった可能性もあります。この14世紀の修復も、新しい時代に譲渡された人たちの芸術的好みの変化によって、ほとんど残されていません。

この教会の身廊は3廊式で、ルネサンス時代の丸天井に蓋われた交差廊と、多角形の後陣があります

サン・ロマン教会の塔とよく似ている四角いムデハル式塔の、開口部のある頂上は上下2段になっており、その間に5列に並んだ馬蹄形アーケードがカラフルな陶製の小柱で仕切られた一層を挟んでいます。上段には馬蹄形アーチの開口窓が3つ、下段には2つあります。他の塔と異なるのは、陶製の小柱は、陶器で有名なタラベラ・デ・レイナで作られているということです。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES