サン・ペドロ・マルティル修道院

このドミニコ会修道院は、1407年、郊外から、ギオマール・デ・メネセス夫人に寄付された、住宅の集まる土地に移されました。修復と拡張を繰り返し、マドレ・デ・ディオス修道院(神の母マリア修道院)とサン・ロマン教会と直接つながった、トレドで最も大きい宗教施設になりましたが、狭い場所に修道院教会の入り口を作らなければなりませんでした。

ニコラス・デ・ベルガラ・エル・モソが手掛けた古典様式のドミニコ会の古い教会は、フアン・バウティスタ・モネグロが続け、1628年に完成しました。彫刻家ジャック・ロイによる “信仰”と“慈悲”に挟まれたサン・ペドロ・マルティルの彫刻がある入口は非常に古典的な様式で、愛ある行為のない信仰は不毛であることを思い出させてくれます。身廊は3廊式で、2階に聖歌隊席と1階に聖堂内陣があります。交差廊では、穹隅(ペンデンティブ)の上に半円形のすばらしい天井があります。内陣障壁は、ドミニコ会修道士の画家フアン・バウティスタ・マイノの絵とヒラルド・デ・メルロの彫刻で装飾されています。この教会には、詩人のガルシラソ・デ・ラ・ベガと、彼の父親が埋葬されています。

この教会には、今は無きカルメン・カルサド修道院、フエンサリダ夫妻、メリト伯爵夫妻及びシフエンテス伯爵夫妻の墓地もあります。フエンサリダ夫妻の墓は、詩人グスタボ・アドルフォ・ベケールが書いた伝説『接吻』に影響を与えました。これら墓の彫刻された人物はすべて祈りの姿で表現されています。ただ「マログラダ(夭折の少女)」として知られているマリア・デ・オロスコの墓石だけは他と異なり横臥の姿ですが、若くして亡くなった故人を偲ぶ14世紀頃の習慣です。

その時代の傑作だったこの修道院は、サン・クレメンテ通りとサン・ペドロ・マルティル通りに沿って広がり、2本の廊下があるコベルティソ(空中廊下)が通りの上に架かっています。そのため、それら2つの通りの間に広がったこの教会は、通行人が簡単に通れるために、日中は開けておく必要がありました。この建物には、教会の使徒書簡身廊のそばに、沈黙、王の威厳、オレンジという3つの回廊があります。

王室の回廊はアロンソ・デ・コバルビアスの設計で、でほっそりした3階の高さで、目立っています。下階のアーケードは半円形で、アーチの間の穹隅に黒い石の鏡を付けたところがコバルビアスらしい細工です。回廊の上階は、イオニア式の柱頭の上にアルカリア地方の特徴的な楔をあしらった鴨居がついています。この建物は所有者が代わった後、美術館、トレドの名家の墓(パンテオン)、慈善事業センターなどに利用されてきました。

1992~93年、カスティーリャ・ラ・マンチャ大学が後者を広げる際、修道院の改築と統合を行う大規模な工事が施されました。大学に合併したマドレ・デ・ディオス修道院は最近修復され、古代の建物を含む下層土など一部を公開しています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES