サン・マルティン橋

トレドの西部に位置するこの橋は、14世紀中頃、町はずれにあった小舟の桟橋に代わって、建設されました。

ペドロ1世とエンリケ2世の兄弟戦争で破壊され、ペドロ・テノリオ司教の命で再建されました。頑丈な柱上の5つの尖塔アーチと、六角形の2本の塔で構成されています。トレドの城門にかかる最も重要な橋として、王室の紋章が威風堂々と彫りこまれています。

内側の塔は、カルロス2世の時代、新たに再建・増設されたときに形が変えられてしまいましたが、外部の塔は丸天井、尖塔アーチ、馬蹄形アーチとも元の姿を保っています。

1921年、国定記念物に指定されました。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES