鉄道駅

建築家ナルシソ・クラベリアが設計し、1920年に開通しました。長方形の空間に2つの室があるこの建物は、アラブ式デザインの影響を受けたタイルや漆喰細工のほか、煉瓦、石、漆喰、陶器、鉄、木材など異なる素材の組み合わせが調和した装飾など、アラブの宮殿の雰囲気を見事に再現しています。時計台はトレドの典型的な塔に似せて作られており、その下の待合室には、かつて、アルフォンソ13世が鉄道でトレドに国賓を連れてくるのが習わしだったため、王室サロンがありました。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES