翻訳学校(ドン・ペドロ王宮殿)

トレドの翻訳学校は、カスティーリャ・ラ・マンチャ大学の調査センターとして、1994年から活動が始まりました。この活動は、アラブ語、ヘブライ語の翻訳を準備するセンターで、アラブースペイン語翻訳や、ヘブライースペイン語翻訳神学校の専門コースを経ての大学院教育を行っており、1991年より、アラブ語初級コースも開設しています。

カスティーリャ・ラ・マンチャ大学の他の機関や他の専門コースと共同事業を行うなど、様々な翻訳や調査、出版も行っています。また、スペインと地中海の文化の関連や伝統に関して、国内的・国際的会議やセミナーなどを開催してきました。

この学校は、開発活動の関連テーマに特化した本や資料を扱う図書館センターとしても充実しており、中世の時代に活躍したトレド翻訳学派的な性格にも近く、専門的な文書も収蔵しています。

旧市街にあるドン・ペドロ王の宮殿だった14世紀のムデハル様式の建物に本部があり、講堂、マルチメディア教室、会議室、教室を具えています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES