県議会

これは19世紀にできた県庁の建物です。スペインの行政改革で県が制定され、ハビエル・デ・ブルゴスが国家の新行政部門を設立した時、この建物もできました。

これにより、トレドは県都として蘇りました。県議会は当初、かつてのメルセッド修道院跡に建設されましたが、フランス軍の侵攻で破壊されてしまいました。現在の長方形の建物は、大きな中央階段と左右対称型の2つのパティオの周りに構成されています。

正面ファサードは大玄関を誇る3層仕立てで、浮きあげ装飾で作られた3つの半円形アーチを持つ1階、太い柱で3つに仕切られた大きな窓の前にバルコニーが付いている2階、そして最上部にはペディメントを冠し、その下に四角い石で縁取られたスペインの紋章があります。建物の後ろには、「グランハの展望台」と呼ばれている、新市街を見下ろす素晴らしい展望台があります。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES