歴史遺産の町

歴史都市トレドは、地理的環境、土地にぴったり 嵌まっている川の形、シガラーレス、沃野、ミグマティティカ(非常に古い変性岩)の上に建つ町、展望台(ラ・グランハ、ビルヘン・デ・ラ・グラシア、サン タ・レオカディア、サン・クリストバル)といった景観的価値により、1986年から「文化財産」の人類共有の歴史遺産(ユネスコ世界遺産)の公式リストに 登録されています。

トレドが建つ丘に河床深くぴったりはまるタホ川は、この町を東、南、西側から囲んで島のようにしながら、一方で北側はラ・サグラ地方から流れ、カステリャーノのメセタ(台地)と繋がっています。トレド市は、このタホ川の花崗岩質の高い丘の上に形成されているのです。

その配置は、イタリアのベネチアやベルギーのブリュッヘ(ブルージュ)のように独特です

第三紀(約6500万年~170万年前)の終わり頃、花崗岩石、粘土と、グアダラマのふもとの沃野から広がっている柔らかい別の層の岩山との間で断層が生 まれました。トレドの建つ花崗岩の丘陵地はこの地質学的事件を隠す覆いとなり、タホ川はその下を流れました。自由な蛇行は、高い断崖絶壁の硬い岩に険しく 刻まれたカーブにぴったりはまっています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES