武器製造工場地区のテクノロジー・キャンパス

200年以上の歴史を持つかつての武器製造工場地帯に、その名前を受け継いだテクノロジー・キャンパスが作られました。

かつての武器工場が、教育活動のために、教室や講堂、実験室、図書館、運動施設に改修されたという点で、スペインの大学の中でも、独特なキャンパスの1つです。

このキャンパスの中には、工業エンジニア、科学、環境、運動、看護婦、物理療法などのコースがあり、何千人もの生徒に向けて、毎日授業が行われています。カスティーリャ・ラ・マンチャ大学のための武器製造工場の一式の改修工事は、トレドの進歩と発展のシンボルと言えるでしょう

武器製造工場と町の歴史は、トレドの市民の間で世代を越えて結び付けられてきました。なぜなら、ここは20世紀を通じて、この町のもっとも重要な活動を代表していた場所だからです。そして今は、かつての工場だった場所で勉強している学生たちがいるのですから。?

現在は、旧武器製造工場跡に12棟以上の建物があります。そのすべては、マドリード王室宮殿を設計したイタリア人建築家のフランシスコ・サバティーニの計画によって作られたため「サバティーニの建物」と呼ばれています。

18世紀の刀剣工場の機械設備、倉庫、工場の事務所のあったこの建物に、今は、大学の本部があり、宮殿だった壮大な建物の雰囲気を伝える3つの身廊の大きなアトリウム(中庭、前廊)があります。

この美しい建物は、19世紀~20世紀の新ムデハル様式の数々の建物のある敷地内にあり、タホ川に沿った直線的で基の生い茂った通りの区画に位置しています。キャンパスと、訪問や散歩に素晴らしい景観に溶け込んだ工業建築の良い例です。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES