日用品市場,その他の遺跡

現在の建物は、煉瓦と鉄の骨組みにタイルの装飾という、20世紀初頭に建設されたこの手の市場の典型的な様式で建設されています。その昔、ここは肉屋や市場から始まり、中世の時代には、「エル・メソン・デ・フルタ」(「果物屋」という名の居酒屋兼宿屋)でした。基本的によく機能する特徴を持っていました。

現代になって、内部はスーパーマーケットとして大きく改造されましたが、入口付近では、今も昔ながらの市場が軒を連ねています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES