大学都市

トレドは、大学都市でもあります。1982年に設立されたカスティーリャ・ラ・マンチャ大学(UCLM)は、トレドに複数の教育施設を擁し、「武器工場」のテクノロジー・キャンパスは、スペインでも最も美しいキャンパスの1つです。

カスティーリャ・ラ・マンチャ州の州都に大学のキャンパスを作ることは、その昔、トレドを国際的に知らしめていたかのように、新しい歴地と知識が結びつくようになりました。大学の知性と文化は、この町の城壁の内外の数々の地区で、様々な方法で活気付いています。

この町における大学の教育活動は、非常に多くの学生たちが毎日授業を受ける旧帝国武器製造工場から、サン・ペドロ・マルティル修道院教会まで、多様に発展しています。

カスティーリャ・ラ・マンチャ大学は、アルバセテ、シウダッド・レアル、クエンカ、トレドの4つキャンパスと、アルマデン、タラベラ・デ・ラ・レイナ、プエルトジャーノの教育課程を持つ、地方機関のひとつです。グアダラハラ県とそのキャンパスは、アルカラ・デ・エナレス大学との単位互換制度があります。

カスティーリャ・ラ・マンチャ大学の設立は、勉強したい若者たちに、より高度な教育の機会を平等に与えることを通して、社会の進歩に貢献することを意味しています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES