ローマの公衆浴場

1986年に発掘されたアマドール・デ・ロス・リオス広場の考古学的遺跡は、古代ローマ時代、トレドは属州のモデル都市として選ばれ、それに沿って設計された町であったことを私たちに示しています。

ここに保存されている考古学的遺跡は、ローマの民間建築と土木工学で用いられていたシステムと建設プロセスの代表的な一例です。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES