ロス・シガラーレス

トレドでは、建築的な珍しさが起こっています。美しく歴史的な建物が、現代的な今の町による利用や習慣と混合しているということです。そして、何世紀もの古さで建築を隠すことが習慣になっていて、新しい千年紀の暮らしの中で、新しい時代に参加するために少しずつ、修復されているということです。

その一例がトレドのブルジョアジーの別宅として使われてきたいにしえの別荘地区のロス・シガラーレス(タホ川対岸のシガラール地区)で、今日では、特に町の南側の、タホ川の静かな果樹園の中で再転換されています。

風格ある、革新的な家さえある田舎の家の美意識の建設は、植物や花で満ちた美しい庭、テラス、パティオに囲まれています。

非常に広い敷地(7000㎡:農場のための「シガラール」として検査のため要求しうる最低限の数字)に到達するシガラールは、周囲にプール、スパ、そしてなによりも、春になると、花のベルベッドの甘いベールの大邸宅になるオリーブ畑、アプリコット畑、アーモンド畑が準備されています。


夏になると、シガラールのたくさんの人がやって来るこの歴史ある大邸宅は、時間に順応することを知っていました。貴方を夢中にさせることも、ロルカ、ティルソ、ガルシラソ、ロペの詩で貴方にインスピレーションを与えることもできるという視点から、カスティーリャの貴族のために存在していた小さな宮殿を、この町と、それに隣接した自然を楽しむ場所として温かくお客様を迎えるホテルに生まれ変わり、新しい時代を切り開いたのです。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES