ユダヤ教徒のトレド

現在2軒だけ残っているシナゴーグは、それらが建っている地区を「ラ・フデリア(ユダヤ人街)」と呼ぶように誘引しています。かつて10軒あったシナゴーグは町全体に散らばっていたものの、この地区にこの最大のユダヤ人社会があったと考えられています。

その範囲は、伝統的に「ユダヤの城(カスティージョ・デ・フディオ)」と呼ばれている、カンブロン門とサン・マルティン橋上方の防衛的建築遺跡に近い、今はもう存在していないサン・マルティン教区から、アンヘル通り(la calle del Ángel)を真っ直ぐ上ったところまで続いていました。この周辺で、私たちは、儀式用の地下浴場「ミクワ」の名残がまだある家の辺りから始まる、12世紀のユダヤ門を目にすることができます。

コメルシオ通り(la calle de Comercio、“商店街”の意)と、14世紀からカテドラルの修道院に占められている敷地もまた、ユダヤ人街、あるいは「アルカナア」として知られていました。

商売は、ユダヤ人の重要な活動の1つで、彼らは店やアトリエの上に住んでいました。「もしプラタ通り(la calle de la Plata、“銀通り”の意)にユダヤ人がいなかったら」という仮定はありえません、なぜなら、彼らは定評のある銀職人だったからで、プラタ通り以外の通りでも商いをしていました

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES