ヘラクレスの洞窟

ヘラクレスの洞窟(callejón de San Gines, 3)のある敷地は、歴史を通じていくつもの異なる建物に占拠されてきましたが、建築史的には、非常に豊かです。ローマ時代は、街に水を供給するための貯水槽が作られ、トレトゥム(トレドのローマ時代の呼称)のローマ式水力網の一部をなしていました。

その後の西ゴート時代、貯水槽の上にキリスト教の寺院が作られました。その後、恐らく12世紀頃に、そこにサン・ヒネスに奉献する新しい寺が建立され、この教区の本部になっていました。サン・ヒネスの小さな教会は、18世紀には放棄され、聖具保管室と地下の一部分である周囲の壁のいくつかの柱を残して、19世紀(1841年)には取り壊されました。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES