ビクトリオ・マチョ美術館

ビクトリオ・マチョ美術館には、彼の数々の彫刻、たとえば「母」、「弟マルセロ」、「ジプシーの塑像」、「仮面」「バスク人少女」、小説家マラニョン・ウナムノやカハル、ガルドスの肖像画、「時計草」などスペインや南米で描かれたスケッチなどが、田園の男たち、女性の半裸、自画像といった数々のスケッチとともに、展示されています。

崖の丘、ロカ・タルペヤにあるこの近代的な建物では、臨時展示室、文化的な数々の活動、会議室、様々な教育コースやミーティング・ルームなどのサービスの提供や、トレドの歴史や街がよくわかる視聴覚プログラムなどを含めたテーマ的研究活動なども行われています。

タホ川の切り立った断崖絶壁の上の丘に、1953年、彫刻家ビクトリオ・マチョが家とアトリエに選んだ場所「ロカ・タルペヤ」があります。

現在、この彫刻家本人が設立した「ビクトリオ・マチョ財団」の目的を受け継いだ、トレド王立財団の本部になっています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES