ドセ・カントス門

アルカンタラ橋からほど近いアルフィセン地区にあり、トレドのすべての門の中でも、最も目立たない城門です。

アルカンタラ橋の前のアルマス広場を要塞化する役目を果たしています。

ずいぶん長い間、封鎖されていました。1920年代、都市改革によって修復され、アラブ様式は少し変えられたものの、ようやくその文化的価値が認められるようになりました。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES