サン・ルカス教会

この教会は、教会の側面が、聖所にある礼拝堂と繋がっている3つの身廊を持つムデハル式で、17世紀にバロック式の大きな礼拝堂が付け足され、この2つの教会が1つになっています。モサラベか西ゴートの最初の教区だった教会です。煉瓦の柱は、イスラム時代に作られたことを物語るカリファル様式のアーチを支えています。

中央の身廊の天井は、組子職人の技が光る「垂木と埋め木」技法で作られ、側廊は平天井です。塔は、異なる時代に修復され、最近も修復されたのですが、トレド風、ムデハル様式を保っています。

この建物には2つの入口があり、1つは寺院の基礎部分に、もう1つは北のファサードにあります。庭が塀の中にある教会はトレドではここだけです。聖エスペランサ像のバロック式の礼拝堂は、ペンデンティブの上の丸天井で蓋われています。

現在も、モサラベ共同体が所有しています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES