サン・ミゲル・エル・アルト教会

モサラベの信者を持っていた12世紀のこの教会は、17世紀に、フアン・バウティスタ・モネグロによって改築されました。

ムデハル様式の煉瓦製塔の外壁は3層に区切られており、下層には4つの半円形アーチが交錯し折り重なる形、中央の薄い層には3つの多重式花弁状切りこみアーチ、最上部には2つの馬蹄形アーチが装飾されています。

この教会は、かつてギルドが使っていた回廊のパティオを保っています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES