サン・ミゲル・アルトの塔

サン・ミゲル教会はサン・ミゲル・コベルティソ通りに入口があり、地形学的にトレドで最高の場所に位置しています。

1174年になるまで教区教会として存在していた確証がないにもかかわらず、作家スアレス・ケベードは『トレドのバロック建築:17世紀』という本の中で、サン・ミゲル教会は、トレド最古のラテン教区教だったと断言しています。

この教会はテンプル騎士団と関係があったと考えられています。騎士たちは、サン・ミゲル・エル・アルト教会近くの宿泊所に滞在し、この教会で礼拝や祈祷を行っていたと言い伝えられています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES