サン・ペドロ・マルティル校舎

かつて旧市街地の中心地区のドミニコ会修道院だったこの建物には、トレドのカスティーリャ・ラ・マンチャ大学の法学部と社会学部の本部があります。

この建物は、カスティーリャ・ラ・マンチャ州の州都と、スペイン文化と、重要な価値を持つ史跡が大学に結びついた点で、近代化に向けて転換した良い例です。

ザクロの木が大変美しい廊下や回廊は、私有の修道院の建物を併合して十分広く、展覧会、クラシック音楽コンサート、組織的な活動が行われ、サン・ペドロ・マルティル教会との共催する場合もあります。

興味深いことに、ドミニコ会も収容したこの建物は、15世紀にトレドで最初の活字印刷を収容したところであり、異端審問へ移行し、最初の異端審問の死刑宣告(火刑、焚書)が行われたところです。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES