サン・シプリアーノ教会

この教会は、サン・バルトロメ教会のように、12世紀の記録に登場する教区教会ですが、塔に限っては中世の構造を残しています。

17世紀の初め、その状態の悪さから全改築されました。オリジナルの柱頭は取り払われ、サン・ペドロ・マルティル教会の構造に従って、石製の新しい入口が作られました。なぜなら、どちらの教会もフアン・バウティスタ・モネグロの設計だったからです。非常に伝統的なマリア像、ラ・エスペランサの神輿が出る教会ですが、この像もまた17世紀のものです。.

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES