サント・ドミンゴ・エル・レアル修道院

現在の修道院は、1568年頃、「エル・モロ」と呼ばれたディエゴ・デ・ベラスコが建設を始めました。4本のトスカーナ風細柱に支えられたルネサンスのポルチコ(柱廊)を通って、中に入ります。楕円形の天井は、この時トレドに初めて導入されたものです。身廊は平行2廊式で、素晴らしい内陣障壁を備えた様々な礼拝堂があります。例えば、17世紀初期のフアン・バウティスタ・モネグロの内陣障壁があるサン・フアン・バウティスタの礼拝堂や、教会設計者による内陣障壁があるシルバ家の礼拝堂などです。

聖歌隊席の入口には、漆喰細工で縁取られた15世紀のムデハル式の窓が残されています。芸術作品に溢れた聖歌隊席は、14世紀の最初の修道教会が使っていました。15世紀初頭の建築に当たるのは、数々の芸術品で飾られたゴシック・ムデハル様式です。14世紀に創立された広い修道院は、今日では多目的に利用されており、保育園を運営するコメンダドラス騎士団や、古文書を管理やカタストロ(固定資産税)事務所など利用者も様々です。

修道院への入口はこれら施設の一画にあり、教会からかなり離れています。施設の建物はゴシック様式とルネサンス様式の大きな2つの回廊の周囲に作られており、聖母騎士団(マドレス・コメンダドレス)と共有しています。カスティージャの王ペドロ1世の娘たちがここに帰依していた頃、修道院の敷地は周囲の建物付近まで拡張されたのですが、その時までメルセッド広場までまっすぐ通っていたブソネス通り(la calle de los Buzones)を敷き直す一大工事となりました。セマナ・サンタでは、聖木曜日に出る神輿行列は感動的です。

この広場は、詩人のグスタボ・アドルフォ・ベケールと文学者ホセ・オルテガ・ムニージャに捧げられています。また、ルイス・ブニュエルの映画も撮影されました。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES