コンセプション修道院

現在の教会は、13~15世紀頃の教会跡に、16世紀に建築されました。そこにはまだ、ムデハル様式の塔と、八角形の屋根の下のサンタ・カタリナとサン・ヘロニモの二つの礼拝堂が残っていました。

現在のパティオは、当時は身廊でした。教会は単身廊で、ゴシック・ムデハル様式の多角形の後陣は6室に仕切られ、5つの礼拝堂があります。

聖歌隊席は、上段と聖堂内陣に聖歌隊席があります。上段はフアン・バウティスタ・モネグロの作品です。修道院内で最も古い部分は13世紀の回廊で、漆喰細工や墓石、フレスコ画など興味深い作品群が残っています。

聖堂内陣と隣り合わせの礼拝堂には、この修道院の創設者サンタ・ベアトリス・デ・シルバの遺品が残されています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES