コメンダドーラス(修道女会)修道院


1364年、イネス・ガルシア・デ・メネセスが、サント・ドミンゴ・エル・レアル修道院と呼ばれることになる修道院を建立した時から、建物や土地を合併・合体させる時代が始まりました。その中の代表的な1堂が、クラウストロ・デ・ラ・モナ(モナの回廊)と呼ばれたこの修道院です。16世紀の終わり頃、1582~1587年にカテドラルで活躍した匠、ディエゴ・アルカンタラの手によって、回廊の大改修工事が行われました。回廊は2階建てのアーケードでぐるりと取り囲まれ、空間は重要な作品である柵で閉じられています。この仕事を担ったのは、トレドのタイル職人セバスチャン・デ・モラレス(1587年)で、壁のタイルも、床に敷き詰めたり、縁石にしたりするための四角いタイルの製作も、彼が担いました.

1935年、サンチャゴのコメンダドーレスの修道女たちが、それまで仕えていたサンタ・フェ修道院を離れ、モナの回廊とその隣接した場所に住み始めました。

彼女たちは20世紀の後半を通じて、新たな住まいとなったこの修道院に、大変重要な仕事をしました。荒れ果てていた壁のタイルは、剥がれそうな所に応じて少しずつ剥がし、丁寧に保存しました。

美学的にも歴史的にも並はずれているこれらの素材が示す通り、改修が必要なことと、この修道院を保存するためにそこに再び住む必要性があることは明確で、集合建築としての全体のイメージを修復するために、失われた部分を再統合する可能性の分析が続けられました。結果的に、モナの回廊という16世紀末の巨大な集合建築の復興が計画され、たとえタイルが修復し終わっていたとしても、注目に値する大工事になることは明らかした。工事しない方が静かであったかもしれませんが、そのために総合的な回廊のスペクタクルな美しさを欠いたままにしておくことは考えられないことでした。

 

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES