エル・サルバドル・モスク

サント・トメ教会教区が所有するエル・サルバドル・モスクは2004年5月末から2005年4月にかけて、全面的な修復工事が行われました。

トレド文化遺産保護協会支援による修復工事は、エル・サルバドル教会後部のパティオに集中しました。この敷地内の考古学的調査を進める一方、アーチや壁の修復、装飾品(再利用されている前時代の遺品、柱頭、水汲み場、装飾品のかけら等)の復元、礼拝堂の仕切り壁など湿気でかびたり傷んだりした部分の修理、そして最後に、参観できるように総仕上げされました。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES