エル・グレコ美術館

エル・グレコの重要な作品、例えば「十二使徒」、「トレドの眺めと地図」、「聖終ペドロの涙」といった名作を鑑賞できる美術館です。他にルイス・トリスタン、ムリージョ、バルデス・レアルなどの作品も展示されています。

この美術館は20世紀初頭、散り散りになっていたエル・グレコの作品を集めることを目的に、16世紀のルネサンス様式の館に設立されました。この建物を手に入れ、16世紀の家具や調度品で飾ったのは、ベガ・インクラン伯爵です。美術館は1912年にオープンしました。

中央の広間には平屋根が付けられ、そこを囲む回廊は、イオニア式柱頭を冠した石柱で支えられています。美術館に続く玄関は2か所あり、いずれもルネサンス様式で、石造り・煉瓦造り・粗石積みで建設されています。

博物館は歴史的な建物を収容することの適応の作品に閉じられています。 2003年には、新しい展覧会プロジェクトを、国立博物館総局が推進し、施設の更新のための一般的な計画の中に縁どられた開発。

改革プロセスは、レセプションエリア、美術館、中世の洞窟の回復や歴史庭園などの新しい公共空間を作成していると。為すは、モバイルや聴覚を持つユーザー、特に訪問者に良いアクセスを許可する新しいシステムを導入しました。

プラドGrecoのこの新しい段階の新しい視覚的な言語とグラフィックデザインの新しい属性と値を作成しています。これは、博物館の考えを伝えて、国民が彼らに高を与えるとのコミュニケーションの側面に改装されました。

 

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES