インファンテス学校(小学校)

2つのパティオを持つ不規則の建物で、トレド式煉瓦積みでできています。スペインで初めて、建物の装飾にセルリオ式ファサードを導入したフランシスコ・デ・ビジャルパンドの設計による入口は、イタリア風の要素にあ触れた独特な風格が際立っています。

入口には扉の両脇に果物の入ったかごを頭に載せた2体の女神の柱があります。そして、鴨居の装飾には、15世紀中頃に数々の教育施設を設立したペドロ・マルティネス・シリセオ枢機卿の紋章を、右側と左側の2体のキューピートが支えている彫刻があります。ここは一種の神学校で、生徒たちはカテドラルの聖歌隊のメンバーでした。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES