アンヘルの浴場


“天使通り”を意味するアンヘル通り(la Calle del Ángel)にある浴場は、一目でそれとわかる構造を維持しているトレド旧市内の8つの浴場の中でも、保存状態が最もよいものです。

修復された部屋は、温水の間に繋がっています。他の浴場とは異なり、温水の間の床下に、何本もの柱が床を支えている部屋式の釜(暖房装置)があることです。しかしそのうち幾つかの柱は盗まれてしまい、保存されているものも、炎によって傷んでいます。

現在2か所ある入口は、両方ともアンヘル通りにありますが、当時はシナゴーグに近接したサンタ・マリア・ラ・ブランカ通りにあったと考えられています。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES