アルカンタラ門

アラブ時代、城壁に造られた城門の中でも、軍事的に最も重要な門でした。

カトリック時代に再建されましたが、アラブ時代に建設された部分としては、カーブしている接合部にその名残があります。開口部は馬蹄形アーチ形で、縦に銃眼が付いている2本の立方体の塔に挟まれています。16世紀から1911年まで、銃眼は塞がれていました。

アルカンタラ門と向かい側の橋の間には、今は車道が通っていますが、この道路を塞ぐ位置に別の2つの城門があり、閉じられた広場の形をしていました。

Este sitio usa cookies de navegación, que recogen información genérica y anónima, siendo el objetivo último mejorar el funcionamiento de la web. Si continuas navegando, consideramos que aceptas el uso de cookies. Más información sobre las cookies y su uso en POLITICA DE COOKIES